2007年02月13日

団塊世代と企業

団塊の世代企業

スポンサードリンク

2007年が注目される理由は、定年を60歳とすれば、1947年昭和22年)生まれを中心とした団塊の世代退職者が最も多く発生するのが2007年といわれているからである。

この問題の発端は、金融機関等企業の根幹業務を支えるメインフレームコンピュータの保守を団塊の世代が主に行っているため、定年退職後保守を行える技能を持つ人間が企業に存在しなくなり、業務が滞って経済に重大な悪影響が出るのではないかという懸念から生じたものである。

しかしこれは上記に限ったものでないことが明らかになるにつれ、他分野に於いても、マニュアル化しづらい現場固有の技術の継承が困難になる恐れのみならず、それによって企業活動自体が停滞する恐れがあると認識されるようになった。特に、製造業では、職人的作業や機械化が困難な作業の多い企業において、特に危機感が強い。

しかし、考えようによっては定年に達し、しかも意欲と技能を兼ね備えた有用な人材を、嘱託等の現役時より低い処遇(企業にとっては有利な処遇)で使える、しかも雇用の継続の実質的な選択権は、企業側が握ることができるという見方をとれば、企業にとってはチャンスである。

2007年問題への対策は各企業により異なるが、代表的なものとして

  • 雇用期間の延長 人件費圧縮のために、定年延長よりも再雇用等で臨む企業が多い。
  • 他企業等の退職者の獲得
  • 会社内部での技能伝承の制度化
  • 技能者枠での新卒採用拡大
などがあげられる。 非正規雇用者の正規雇用化など、就職氷河期世代を救済するチャンスという見方もあるが、ほとんどの企業は従来通り新卒者の採用で補っているため、救済にはつながりにくいという見方もある。氷河期世代は既に卒業後相当の年数が経っており、企業としても新卒者に比べて使いにくいと言われてしまうことが多い。

またこの機に乗じて、元々正規雇用であった団塊の世代を非正規雇用の若年者に置き換え賃金削減を行う企業も増えており、需要不足により経済に悪影響を及ぼすと懸念されている。

■転載元(著作権)
ウィキぺディア

■ライセンスについて
GFDL

人気blogランキングへ
■関連記事
nikkeiBPnet on Yahoo!ニュース
posted by dankai70 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 団塊世代と企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。