2007年04月04日

団塊パンチ3

生活・趣味(全般)を見てみる

<strong>団塊パンチ (3)</strong>団塊パンチ (3)

飛鳥新社 刊
発売日 2006-11
価格:¥1,500(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送





さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/4/2に作成しました。

スポンサードリンク



■団塊パンチ 関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000005-nnp-soci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000013-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000004-ryu-oki http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000009-cnc-l23 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000028-rbb-sci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000071-mai-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000029-imp-sci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000019-spn-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000013-fsi-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000010-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000115-mailo-l06 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000134-mailo-l07 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000217-mailo-l42 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000001-jsn-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000016-maibz-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000019-maibz-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000027-kyt-l26 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007041000034&genre=A2&area=K10 http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/04/11/2007041108321391002.html http://www.sankei.co.jp/kyouiku/fukushi/070410/fks070410000.htm http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007041100104&genre=K1&area=K40 http://www.mylifenote.net/006/de.html http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20070411_13 http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20070411AT2E1001L11042007.html http://news.livedoor.com/article/tb/3114800/ http://news.livedoor.com/article/tb/3115343/ http://news.livedoor.com/article/tb/3115831/ http://news.livedoor.com/article/tb/3116856/ http://news.livedoor.com/article/tb/3116868/
タグ:3 団塊パンチ
posted by dankai70 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 団塊パンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

団塊パンチ1 60年代 

<strong>団塊パンチ (1)</strong>団塊パンチ (1)

飛鳥新社 刊
発売日 2006-04
価格:¥1,300(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




生活・趣味(全般)を見てみる

Amazonの購読者のレビューです。
ぜんぶ面白かった。 2006-06-03 ※( )内は生年。

『磯野家の謎』『バトルロワイヤル』というベストセラーを企画した編集者・赤田祐一(1961)の責任編集による、団塊世代ターゲットにした季刊カルチャー雑誌創刊号赤田編集長によれば「従来の年齢層にとらわれない生き方をしている大人たちを集め、スーパーチャージャーをつけて加速させた『平凡パンチ』を目指す」という。

特集第一弾はズバリ「60年代」。団塊世代が青春期を過ごした60年代を、ノスタルジーに浸るのではなく、「後ろ向きに未来へ走ろう」とポジティブに切り取る。目次には、ヤング720・アイビーリーガー・キャンティ・ツイスト・ATG・堀切ミロ・・・と50歳以下の世代には意味不詳の単語が並び、長沼行太郎(1947)・征木高司(1949)・川添象郎(1941)・小野耕世(1939)・佐伯誠(1945)・天外伺朗(1942)といった個性豊かな顔ぶれによる寄稿、対談はカルト的な趣が漂う。

さらに、テレビ黄金伝説・VANの神話・キャロルの時代・死ぬまで幸福になる方法・国産ロックフェスティバルの夜明けなどの連載、63歳の新人画家・木村英輝(1942)の作品紹介、カリスマ劇画家・宮谷一彦( ? )が描いた、はっぴいえんど『風街ろまん』ほか原画の誌上オークション・・・などなど。

結論を言うと、面白くないページがなかった。何より「ロハス」や「アンチエイジング」に走っていないところがいい。これまでとは違った、その時代のエネルギーを今に取り入れようという方向から、60年代に光を当てている。その気骨に拍手である。

個人的には、立川直樹(1949)と森永博志(1950)によるトークセッション「クラブ・シャングリラ」の復活、『GORO』の元副編集長・根本恒夫(1948)による「『ボブ・ディラン自伝』をめぐる一考察」に読み応えがあったが、何といっても寺山修司(1935)が記した渾身のオマージュ「力石徹よ」の全文初掲載が衝撃的。これが読めるだけでも買う価値があると思う。

創刊2号の特集予定は「ビートルズ」。まったく直球勝負の雑誌である。

さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/4/2に作成しました。


スポンサードリンク



■団塊パンチ関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000025-fsi-ind http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=157509&lindID=6 http://journal.mycom.co.jp/news/2007/04/09/033/ http://meieki.keizai.biz/headline/374/ http://www.mylifenote.net/006/post_1204.html http://www.nishinippon.co.jp/nnp/economics/20070409/20070409_022.shtml http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/health/47015/ http://www.shogyo-shisetsu.jp/article/mutter/mutter102.html http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000202-yom-soci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000034-mailo-l23 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000002-fsi-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000032-mai-pol http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000000-mailo-l08 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000057-mailo-l11 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000059-mailo-l11 http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/ke_07040601.htm http://news.livedoor.com/article/tb/3111715/ http://news.livedoor.com/article/tb/3112785/ http://www.bk1.co.jp/product/2768759 http://jamesproject.seesaa.net/article/37886676.html#trackback http://blog.so-net.ne.jp/reiji-reiji/2007-03-28-3 http://business.nikkeibp.co.jp/article/podcast/20061026/112499/ http://blog.goo.ne.jp/miyacchi_z/e/fdd9f6cfbe186164edaf8a4001e34b06 http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_8502.html http://blogs.yahoo.co.jp/kome_1937/46591595.html http://hongokucho.exblog.jp/6657917 http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=28019 http://blog.yomone.jp/kadokura/2007/03/13_7168.html http://business.nikkeibp.co.jp/article/podcast/20061026/112499/ https://blog1.kansai.com/user/login2.html?forward=http%3a%2f%2fblog%2ekansai%2ecom%2fadmin%2efcgi%3fmode%3dtb_blog%26tb_url%3dhttp%3a%2f%2fblog%2ekansai%2ecom%2ftb%2fhatake_meizin%2f849&forward_failure=https://blog1.kansai.com/user/login2.html http://www.nikkei.co.jp/miraijuku/vol01_01.html http://blog.livedoor.jp/d4y2/archives/50707280.html http://seipankoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_8efb.html http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/ http://toyodasha.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_4170.html
posted by dankai70 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 団塊パンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

団塊パンチ4 吉永小百合と浅丘ルリ子

団塊パンチ 4 吉永小百合と浅丘ルリ子

生活・趣味(全般)を見てみる

団塊世代が青春時代だった時、彼らを魅了した日本を代表する2大ヒロイン、
吉永小百合浅丘ルリ子を特集しています。

カラーページには、吉永小百合主演の『潮騒』(1964)、『伊豆の踊り子』(1963)や、
浅丘ルリ子が出演した『ギターを持った渡り鳥』(1959)、『夜霧よ今夜も有難う』(1967)などの
スチール写真が、4ページにわたって掲載されています。

私は団塊よりも、ひと回り以上下なので、彼女達が30過ぎからの姿しか憶えていません。

しかし、青春時代吉永小百合浅丘ルリ子の写真を見ると、
タイプが違う二人の女優の勢いが、伝わってきます。

吉永小百合が、「永遠のヒロイン」ならば、浅丘ルリ子が、「天性の女優」であると表現。

吉永小百合は、小学6年生の(昭和31年)時、ラジオ東京(現TBS)の連続放送劇
「赤銅鈴之助」のオーディションに合格。以向、映画デビュー、日活と専属契約を結び、
浜田光夫と『泥だらけの純情』、『キューポラのある街』、『愛と死を見つめて』など、
日活青春映画の歴史を作ってきた。

昭和44年を境に、日活の黄金時代は衰退し、映画産業も下降線をたどっていった。
しかし、その中で、国民的人気の映画『男はつらいよ 柴又慕情』(72年)のマドンナを務める。
翌年、15歳年上のフジテレビ・ディレクター、岡田太郎氏と結婚。「サユリスト」を落胆させた。

時は過ぎ、熟女となった吉永小百合は、『青春の門』、『動乱』、『細雪』、『映画女優』など、
巨匠と呼ばれる監督の作品に出演し、銀幕の主演女優として、存在し続けている。

一部では、“汚れ役に徹し切れない女優”と言われ、その演技者としての評価は低いが、
“永遠の処女”として、神格化している団塊世代にとって、彼女の存在は絶対なのかもしれない。

一方、浅丘ルリ子は、昭和15年、満州国新京市に生まれ、終戦後に引き上げ、
昭和29年、中学2年生の時、日活の「緑はるかに」のオーディションで3000人の中から主役に選ばれ、
映画スターの階段を登りはじめる。子供時代は、数々の音楽映画などを中心に活躍。
その後、『絶唱』など、小林旭との青春文芸路線を皮切りに、二人のコンビが本格的に始まる。

『渡り鳥』シリーズでは、小林旭の無国籍ヒーローの相手役として、連続共演。
やがて、小林旭と美空ひばりの婚約をきっかけに、このコンビはひとまず解消された。

その後は、石原裕次郎と、『憎いあンちくしょう』、『赤いハンカチ』と、続けて共演。
『愛の渇き』では、「愛」と「性」を表現し、少女から大人の女優へと、見事に脱皮した。
30歳を過ぎ、テレビドラマ「2丁目3番地」の共演がきっかけで、石坂浩二と結婚。
しかし、近年、30年という長い結婚生活にピリオドを打った。

1980年以降は、蜷川幸雄演出の舞台を数多く務め、
映画『男はつらいよ』で演じたさすらいの歌手、リリーは彼女の代表作ともなった。

私生活には、恵まれなかったが、映画に舞台に女優として、
見ごたえのある女を演じることができる大女優である。

二人と共演した宍戸錠、浜田光夫のインタビューや二人の出演した映画やドラマでの
エピソードやそれぞれの女優人生をなんと70ページにもわたって、深く掘り下げ、解説している。

二人の映画作品のスチール写真やお宝ショットが満載で、ファンは、必見です。

スポンサードリンク



■関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000013-nnp-l46 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000007-nks-ent http://blog.livedoor.jp/zero_ayashii/archives/53554730.html http://blogs.yahoo.co.jp/urashima2006jp/30251229.html http://blog.livedoor.jp/ofisu/archives/53259502.html http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4d0b.html http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/03/post_952a.html http://ginza.keizai.biz/headline/335/ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-02/2007040214_05_0.html http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070402AS1D0200702042007.html http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/45862/ http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_a184.html http://blogs.yahoo.co.jp/dankai_punch/30428341.html http://blogs.yahoo.co.jp/dankai_punch/25994867.html http://blog.canpan.info/softnomics/archive/67 http://www.bk1.co.jp/product/02728686/?partnerid=02dena01 http://yuki-wan.at.webry.info/200606/article_4.html http://ohnishi.livedoor.biz/archives/50186682.html http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4870317214 http://plaza.rakuten.co.jp/kin1109/diary/200611110000/ http://www.bookskubrick.jp/index.php?itemid=211 http://pub.ne.jp/okiraku_obasan/?entry_id=409263 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/senior/44788 http://clover.h555.net/u/dankai/na8RroCZb1UFkvD2jNh4 http://blog.hibi.her.jp/?eid=473850 http://www.bk1.co.jp/product/2750811 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000014-cnc-l23 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000012-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000023-san-soci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000206-mailo-l27 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000000-pia-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000675-reu-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000001-jsn-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000025-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000029-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000706-reu-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000003-sanspo-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000005-fsi-bus_all
posted by dankai70 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 団塊パンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

団塊パンチ (2) |

生活・趣味(全般)を見てみる

<strong>団塊パンチ (2)</strong>団塊パンチ (2)

飛鳥新社 刊
発売日 2006-07
価格:¥1,500(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送


ビートルズ来日40周年記念総力特集!

特集
ビートルズは過去にならない
BEATLES THEN AND NOW

INTRODUCTION 「you tubeで見たビートルズ

第1部 ビートルズ研究

第2部 ビートルズ評論

第3部 ビートルズ60年代の青春

連載
本橋信宏「VANの神話 「鎌倉シャツ」に見るVANの遺伝子」
小野耕世 「キャロルの時代1970年漂流」
五十嵐正克 「わたしの手塚漫画 孤独なコバルト」
水木しげる 「死ぬまで幸福になる方法  驀進力のある人は成功する」
川添象郎 「回想録・象の記憶」
木村英輝 「国産ロックフェスティバルの夜明け 幻の富士オデッセイ」
堀切ミロ 「色即即席 1974→1977」


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/4/2に作成しました。

スポンサードリンク



posted by dankai70 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 団塊パンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

団塊パンチ 4 その1

団塊パンチ 4 その1


団塊パンチ(4) 団塊パンチ 4 を買ってみました。

今回の表紙は、アグネス・ラム。懐かしい!

表紙・巻頭グラビアページを8ページもアグネス・ラムの当時の水着姿で飾られてますよ。

今から31年前1967年、当時20才だったアグネス・ラムに日本中の男性が夢中になってました。

私はまだ小学生でしたが、同級生の男子までもが、ワァワァ騒いでたくらいでしたから・・・。

今、団塊と言われている世代は、その時、20代後半。やっぱり、アグネスにドキドキしたのでしょうか?

今のアイドルみたいに、やたらとシェイプアップされているわけでもなく、
細いけれど、テキトウな贅肉もついてる当時のアグネスは、
かえって身近な感じがしてエロティックなんでしょうね。

身長157センチ・バスト85センチは、どちらかと言えば小柄ですが、
グラビアで見ると、ダイナミックでセンセーショナルでした。

スポンサードリンク



■関連記事
http://secondlife.yahoo.co.jp/life/special/060803/page004.html http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000013-mailo-l23 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000038-mailo-l15 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000033-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000073-jij-int http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000225-mailo-l39 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000065-jij-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000004-mailo-l08 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000071-kyt-l25 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000043-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000126-mailo-l34 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000005-maip-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000005-rcdc-cn http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000021-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000005-ykf-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000007-maip-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000002-bcn-sci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000000-fsi-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000019-fsi-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000019-fsi-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000026-nkn-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000004-fis-biz http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000001-yom-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000091-myc-sci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000201-sph-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000203-mailo-l37 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000191-sph-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000016-cnc-l23 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000071-mailo-l24 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000002-fsi-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000005-fis-biz http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000024-san-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000027-kyt-l26 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000207-mailo-l44 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000004-fsi-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000023-fsi-ind http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000012-fsi-bus_all http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000074-mai-soci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000010-oric-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000013-nnp-l46 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000007-nks-ent http://blog.livedoor.jp/zero_ayashii/archives/53554730.html http://blogs.yahoo.co.jp/urashima2006jp/30251229.html http://blog.livedoor.jp/ofisu/archives/53259502.html http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4d0b.html http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/03/post_952a.html http://ginza.keizai.biz/headline/335/ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-02/2007040214_05_0.html http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070402AS1D0200702042007.html http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/45862/ http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_a184.html http://blogs.yahoo.co.jp/dankai_punch/30428341.html http://blogs.yahoo.co.jp/dankai_punch/25994867.html http://blog.canpan.info/softnomics/archive/67 http://www.bk1.co.jp/product/02728686/?partnerid=02dena01 http://yuki-wan.at.webry.info/200606/article_4.html http://ohnishi.livedoor.biz/archives/50186682.html http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4870317214 http://plaza.rakuten.co.jp/kin1109/diary/200611110000/ http://www.bookskubrick.jp/index.php?itemid=211 http://pub.ne.jp/okiraku_obasan/?entry_id=409263 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/senior/44788 http://clover.h555.net/u/dankai/na8RroCZb1UFkvD2jNh4 http://blog.hibi.her.jp/?eid=473850 http://www.bk1.co.jp/product/2750811
posted by dankai70 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 団塊パンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。