2007年11月19日

団塊退職後の支援策、実施は3割 滋賀県内の企業

 団塊世代の大量退職時代を迎える中、「セカンドライフ」(第二の人生)対策として、滋賀県内で退職前研修や講座などの支援策を実施している企業は3割弱にとどまっていることが、県社会福祉協議会(草津市笠山)の調査で分かった。支援内容は退職金や年金制度の説明が中心で「退職後の社会参加」といった生活面に踏み込んだ支援は少なく、同社協は「企業の人事対象者に生きがい支援の必要性を訴えていきたい」としている。

 ■生きがいづくり課題に

 仕事中心だった団塊世代は地域とのつながりがなく、退職後は家に閉じこもりがちで、うつ状態に陥る人もいるなどの問題が指摘されている。同社協では有効な支援策を考えようと昨年末、県内480社にアンケート調査を行い、155社から回答があった。

 何らかの支援を「実施している」のは27%、「検討中」も6%あったが、「要望がない」「ノウハウがない」などの理由で「実施していない」が65%にも上った。従業員数が100人以上の企業では、39%が実施しているが、100人未満では17%と低かった。

 支援内容では「公的年金・保険制度の説明」が77%、「退職金制度の説明」が75%。「退職後の生活設計の立て方」「税金や法律の知識」がともに43%と続いたが、「生きがいや社会参加について」は28%、「趣味やレクリエーションについて」は22%にとどまった。

 OB会の組織率は30%で、対象者の半数以上が参加している企業が多いことから、同社協は「OB会を通じて地域へ帰る取り組みが有効では」としている。今後、同社協が運営するシニア参加型ホームページ『びわこシニアネット』などで退職者向けの情報を充実させるなど、企業への啓発活動に力を入れていく、という。

京都新聞
posted by dankai70 at 17:41| Comment(34) | TrackBack(1) | 団塊世代 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

団塊世代、疎まれる?愛される?「NPOの2007年問題」

 地域でがんばっている環境分野などのNPOの仲間のあいだで2、3年前から「2007年問題」が話題に上るようになってきました。2007年――団塊の世代大量定年退職を迎え、地域へ戻りはじめる時期です。まだまだ、体も元気で、やる気もエネルギーもあり「これまでの経験や知識を社会のために役立てたい!」という団塊の世代地域へ戻ってくる――。これはもちろん望ましいことであり、うれしいことです。でも、それを「2007年問題」と呼び、恐れている人もいるのは、なぜなのでしょうか?

 

退職後に会社の価値観を押し付ける人たち

 「NPOの2007年問題」を恐れる人がいるのは、定年退職し、地域に戻ってくる団塊の世代のなかには、これまでの会社での自分の肩書きや地位、これまでの自分のやり方をそのまま押しつけてくる人々もいることが想定されるからです。

 自分の経験や知識を地域NPOで活かして、“ともに”地域づくりを進めていくのであればよいのですが、「これはこうするものだ」「あれはああするものだ」「自分の言うとおりにせよ」などと、頭ごなしの指図のスタンスを持って入ってこられては、これまで小さいながらも価値観を共有し、いろいろな人々との話し合いのなかでやり方をつくり上げてきているNPOにとっては、たまったものではありません。企業や行政など大きな組織での経験を積んだ人材は本来NPOにとって得がたい貴重な戦力となるはずなのですが――。

 往々にして、地域でがんばっている小さなNPOは、若い人々や女性が中心に回していることが多いのです。そういったところに、あたかも自分が社長か部長であるかのように、押しつけがましく指図したり仕切ったりしようとする年配者が入ってきては、会の運営自体が難しくなっていくのではないか。そういう事態に直面しているという実例を聞くにつけ、戦々恐々としているNPO関係者もいたのでした。

 実際に2007年を迎え、幸い、「各地で小さなNPOがつぶれ始めている」という話も聞こえてきませんので、おそらくあちこちで上手に対処しつつあるではないかとほっとしています(が、そういう事態が皆無かどうかはわかりません)。

NPOに受け入れられる3つのコツ

 定年退職後に、これまでの長年の社会に対する貢献や、会社での経験を十分に活かして、本当の意味で地域の幸せ(それは、幸せづくりを行っている組織の人々の幸せも含みます)に資するために活動でき、その組織にも地域にも愛されている人々もたくさんいます。

 そうかと思うと、あくまで自分の価値観ややり方を押しつける結果、疎まれ、遠ざけられ、仲間に入れてもらえず、自分も相手も幸せではなくなってしまうタイプの人々もいるといいます。何が違うのでしょうか?

 私もNPOを運営しているのですが、私たちのNPOには、定年退職を迎えたあと、自由になった時間を惜しみなく注ぎ、本当に素晴らしい活動で、私たちの若いNPOをしっかりとサポートし、あたたかく見守ってくれているボランティアの方々がいます。そういった方々の活動や組織に対するスタンスを見ていて思う「地域に戻って成功する3つのコツ」をお伝えしましょう。

 まず、これまでの自分の肩書ややり方への執着や、「こうあるべき」という固定観念を手放すこと。手放すことが難しければ、いったん“脇に置いておく”だけでもよいです。

 次に、たとえ相手がまだ頼りなさそうに見える、小さな若いNPOであったとしても、その存在の目的や、運営方針、大事にしている価値観を尊重する姿勢を持つこと。その組織は、あなたが入るまえから存在し、役割を果たしてきているのです。組織の改善やお互いの向上のための議論は好ましいですが、「決めつけ」「押しつけ」は×です。

 どんなNPO地域のグループも、ある目的や目標を達成したいと活動しています。もし、自分の「こうあるべき」という目的や目標を達成する手段として、そのNPOを考えてしまうとうまくいかなくなります。

 私も実際に、自分の組織の代表として、「私たちのNPOは、このような目的と価値観でやっています。もしあなたの目的と価値観がそれとは違うなら、どうぞほかであなたと同じ目的や価値観の組織を探して下さい。もしくはご自分で活動を立ち上げてやられてはいかがでしょうか」とお話しせざるを得なかったこともあります。

 そして、3つめは、自分にとっての新しい組織や活動から学ぶこと。そして、学んでいる自分を楽しむこと

 いくつになっても、これまでのやり方にこだわらず、新しいあり方ややり方を学ぶことができますし、いくつになっても、学ぶことは楽しいことです。そういうスタンスで、地域での活動に参加すれば、定年退職後人生が、それまでの(だんだん小さくなりゆく)延長線上にあるのではなく、これからもどんどんと広がり深まっていく、わくわくする旅になっていくことでしょう。

枝廣淳子(えだひろ・じゅんこ)
環境ジャーナリスト・翻訳家。東大大学院教育心理学専攻。通訳者を経て講演、執筆、環境NGO「JFS」設立など精力的に活動。主著に『地球のなおし方』『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?』など。訳書に『不都合な真実』など多数。

NIKKEI NET からの記事
posted by dankai70 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 団塊世代 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ペット関連ビジネス活況 家族同然、健康管理は当然

■高額商品人気、専門店売上げ助長

 ペットをめぐる関連ビジネスが活況を呈している。
最近はペットフードなどの高額商品人気が集まっているほか、
健康美容”分野を中心に新しいサービス商品が続々と登場している。

ペットを家族とみなし、癒やしを求める傾向が、
消費者の財布のひもを緩めている。(井田通人)

 ≪ドッグドック

 東京都内のインターネット関連企業に勤める横尾志央さん(30)
は、仕事を終えるとほとんどどこへも寄らず、独り暮らしの自宅へ帰る。

飼い主を待つミニチュアダックスフントに“会いたい”からだ。

の体調に気遣い夏場はエアコンをかけ、
仕事がどんなに忙しくても朝晩の散歩を欠かさない。

 「愛犬のしつけ健康の費用は惜しまない」と横尾さん。
月6万〜7万円はかけるという。

 東京・六本木の複合商業施設「東京ミッドタウン」に、
自他ともに「業界の異端児」と認めるペット関連ショップがある。

ビデオレンタル「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、
社内ベンチャーとして2005年8月に設立したドッグプラネット(東京都港区)の「ドッグデイズ」。

 が健康的な生活を送るためのグッズやサービスだけを集め、有機農法を使った
ペットフード
岩塩浴、併設された動物病院を利用した人間並みの“犬ドック”が人気だ。

 の健康維持に徹底してこだわっているだけに、
ビタミンを壊さない特殊な冷凍法を用いたチキンサーモン
混ぜ肉(454グラム4950円)など、高額商品もそろえている。

小網園子店舗支援本部長は
「今年3月の開店以来、リピーターが増え、店の売り上げは伸びている」
と好調なスタートに胸をなで下ろす。

ミッドタウン店の1年前に同世田谷区でオープンした1号店は、
すでに単月黒字化した。

 ≪“室内犬”が人気

 民間シンクタンクの富士経済は、ペット関連商品の今年の市場規模を
4年前に比べ約230億円多い、約3842億円と予測している。

ペット業界に詳しい、いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主任研究員は、
ペットの数はさほど変わっていないが、最近はトイプードルなど小型の“室内犬”が人気
飼い主ペットを家族とみて、(1頭あたりの)支出を増やしている」と分析する。

 子供のいない若い世代や、子供が独立した団塊世代が、
生活を豊かにするためにペット飼う例が少なくない。

 仏ペットフード会社ロイヤルカナンは、今月20日にドライキャットフード3種類を発売する。
300グラム588円(希望小売価格)と、一般向けとしてはやや高いが、
発売の背景には消費者が高額商品を求めているとの読みがある。

 マニキュアエクステンション(つけ毛)、ミストサウナコタツ車椅子いす)…。
すべてペット用の商品だ。


 ≪悪質業者に用心≫

 だがペット人気には落とし穴もある。

 「一部のトイプードルは50万円もする。
仮に粗利5割としてもうけは25万円。
商品も(ペットのためになるかに関係なく)ピンキリ」

 ブームに沸くなかで一部の不心得な業者が存在することを鮫島主任研究員は指摘する。
利益を追うあまり、劣悪な環境で大量に育てたり、
血統書を改竄(かいざん)することもあるという。

 「ドッグデイズ」ではペット販売をビジネスの中心においていない。
「多くのペットショップは売り上げの7〜8割をペット販売に依存している。
それでは売り上げが安定しないし、動物虐待になりかねない場合もある。
売り上げとの両立は大変かもしれないが、理想を追う」

と小網店舗支援本部長は話す。

商品・サービスの提供側と飼い主ペットの双方が
幸せになれるような市場として成長することが期待される。 

          ◇

 ■見て触れるだけでも癒される

 動物を飼うのでなく見たり、触れあうことで
癒やし”を求める人も増えている。

 動物の生き生きとした姿を間近に見られる「行動展示」で人気となり、
ドラマの舞台にもなった北海道旭川市の旭山動物園

夏季営業中(4月28〜10月21日)の延べ入園者数が、
前期比2万人増の約230万3000人となった。

「去年は『チンパンジーの森』など新館建設があったが、
今年はなかった。そのため8〜10月は前年割れだった」と同園。

それでも過去最高の入園者数だ。

 今後は園内の遊具施設をなくし、跡地を芝生の広場とする予定で、

将来的にはカバやキリンを見せる「アフリカ生態園」とする構想。

来年は『オオカミの森』ができることが決まっており、
勢いは止まる気配がない。


 2004年、大阪に登場したと遊びながら
コーヒーや紅茶を楽しむことができる「猫カフェ」も話題だ。

自宅でを飼えない猫好きが、お茶を飲みながらと一時を過ごせるのが人気の理由とか。

 今や大阪だけでなく東京、名古屋にも広まり
全国で15店舗以上が営業しているという。

日本初の猫カフェ猫の時間」(大阪市北区)では、店内にソファやマッサージチェアを置き、
自宅にいるかのような雰囲気を演出している。

ペット美容室も営むオーナーの吉田陽子さんは、

「家でを飼えない人たちが、と気軽に触れ合えるスペースを作りたかった」と振り返る。

 吉田さんの狙いは見事的中し、猫ファンの集う場になっているようだ。


FujiSankei Business i.から
posted by dankai70 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 団塊世代 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。